マルチタップ MLT

日本特許:第3457178号/米国特許:第6499920号/欧州特許:第0953396号

切削タップにエンドミル刃とサイドエンドミル刃を分けて内蔵したタップで、ドリル又はエンドミルで下穴修正が必要ない切削タップです。

超硬マルチタップ(TC-MLT)、マルチスパイラルタップ(MLT-SP)の特徴

  • 先端にエンドミル、食付き直後の完全山部にサイドエンドミ ルが組み込まれており、1工程で鋳抜き穴のテーパ修正とタッピングを行います。
  • タッピングと同時にサイドエンドミルで内径部を加工するため、内径部にバリを発生させず内径寸法が一定で、優れ た同芯度を持っためねじに仕上がります。
  • オイルホール加工により、止まり穴の穴底ギリギリまでタッピングが可能で、鋳抜き穴出口部の薄膜もタッピングと同時に切除できます。
  • 従来の加工方法に比べサイクルタイムが40%強短縮出来ます。

 

一般タフレットによるめねじ

止り穴ねめじ外観

バーレスタフレットによるめねじ

複合タップ(マルチタップ)製品

マルチタップ MLT

マルチタップ MLT

形状寸法表 PDF

マルチスパイラルタップ MTL-SP

マルチスパイラルタップ MTL-SP

形状寸法表 PDF

資料ダウンロード